HOME>アーカイブ>家賃保証会社を利用した方が良い理由とトラブル例

借主と家賃保証会社間で起こり得るトラブル

家賃を滞納すると家賃は家賃保証会社が立て替えてくれますが、支払わなくていいわけではありません。そのため、鍵が付け替えられて追い出されたり、持ち物を勝手に処分されたりするトラブルが発生することもあります。

家賃保証会社を利用すべき理由

大家にとって確実に家賃が回収できる

家賃を滞納すると大家にとって家賃を回収することが大変ですが、確実に家賃を回収できます。

借主にとって家賃を立て替えしてくれる

家賃を滞納しても代わりに立て替えしてくれるので借主のメリットになります。

賃貸経営の安定が図れる

家賃が確実に回収できることにより、賃貸経営の安定が図れます。

回収の代行もしてくれる

家賃保証会社は、家賃の建て替えだけでなく回収もしてくれます。

保証人の代わりのため回収しやすい

保証人から家賃を回収するのはなかなか困難ですが、保証会社からは確実に回収できます。

どんな特色があるのか

男性

家賃保証会社は物件の借主がうっかりと家賃を支払い忘れていたときに、借主に変わって大家さんに家賃を払う代位弁済を行う会社です。家賃保証会社はもしものときの家賃滞納に備える保険のようなサービスを提供しており、その後、立て替えた家賃を借主から支払ってもらうことで滞納を未然に防ぎます。こうしたサービスを利用することで、物件を貸す側の滞納リスクを少なくすることができることで安心感を提供します。

どんな人にメリットがあるか

住宅模型

家賃保証会社のサービスは大家さん側にとってもしものときの家賃滞納を心配しなくてもよいという大きなメリットがあります。そのため、最近ではこのサービスへの加入を入居条件にする物件が増えており、入居審査時の項目に加えられているところも多いです。このサービスに加入すると保証人がいなくても、仕事をしている人は物件への入居が可能という点も借りる側にとっては大きなメリットでもあります。保証人がいないけれども仕事をしているので家賃滞納リスクはほとんど心配ないという人は物件を借りやすくなります。

広告募集中