HOME>記事一覧>連帯保証人を確保できないときに必須のサービス

目次

家賃滞納リスクを回避する

住宅模型

マンションや事務所などを賃貸するときに、家賃保証会社との契約がセットになっていることがあります。なかには連帯保証人を用意できたとしても、契約が必須の条件になっていることも。この家賃保証会社というのは借主が何らかの事情で、家賃を滞納した場合に借主にかわって貸主に賃料を支払うというサービスを提供する会社です。立替払いをしたあとは、借主に遅延損害金などを含めて請求することになります。賃料延滞が継続して立ち退き請求訴訟などに発展した場合は、その訴訟費用などの負担も保障されます。

利用するメリットとデメリット

女性

最近では家賃保証会社の利用は増える傾向にあります。サービスの性格上貸主にとってのメリットが意識されますが、借主にとってもメリットがあります。まず貸主にとっては家賃滞納リスクを回避できるだけでなく、本来であれば自分が負担して向き合うべき明け渡し請求訴訟の費用や原状回復工事の費用保証などは家主にとっては大きなメリットです。他方で借主としては、連帯保証人を身内などから見つけることが出来ないときでも入居物件を確保することを可能にする、というのは大きなメリットです。特に少子高齢化が進行し親族との交流も疎遠になりがちな今日の社会状況を踏まえると、家賃保証会社の存在意義は大きいものといえます。しかしながら契約時に必要な一時金の金額が増えたり、業界全体を視野に入れた法律が存在しないこともデメリットといえるでしょう。

女性

積み木

広告募集中